<<ビニール袋の使用法>>

ビニール袋のサイズ表記一覧

ビニール袋のサイズ表記一覧 レジ袋などによく利用されている持ち手のあるビニール袋のサイズ表記一覧ですが、ビニール袋のサイズは(横+マチ)×縦で表記します。
250mm(150mm+100mm)×310mmは6号サイズになります。
260mm(160mm+100mm)×360Mmは8号サイズになります。
300mm(180mm+120mm)×410mmは12号サイズになります。
340mm(210mm+130mm)×460mmは20号サイズになります。
400mm(260mm+140mm)×500mmは30号サイズになります。
450mm(300mm+150mm)×550mmは45号サイズになります。
以上が関東バージョンであり、関西はサイズによって名称が多少異なるのが特徴です。
関西はちなみに関東の6号のことを20号、関東の8号を25号、関東の12号を30号、関東の30号を40号と言います。
45号は関東と関西で呼び方は変わりません。

ビニール袋のサイズについて

ビニール袋のサイズについて ビニール袋は何かを入れる、料理の下ごしらえにと多種多様でとても便利ですよね。
入れるもの、使用する際の使い勝手のよさによってサイズも多くの種類が存在しています。よく見かけるのはゴミ袋でしょうか。
入る容量によってリットルの単位が付き、よくある家庭のゴミ箱くらいが10リットル、自治体で決められた有料の指定ゴミ袋の大きなものが主に45リットル。
他にも10リットル以下もありますし、それ以上は10リットルごとに大きなものもあります。規格として号で表されることもあります。
1号は7センチ✕10センチから号のものは65センチ✕80センチでいわゆる前述した大きなゴミ袋45リットルとほぼ同等のサイズです。
また業者向けに90センチ✕100センチの90号を超えるものもあります。そして大きさだけでなく、厚みにもサイズがあります。
ご家庭や職場などで使うビニール袋のサイズを把握しておけば、適切に使用できますし使う工夫次第でお役立ちグッツにも大変身します。