<<ビニール袋の使用法>>

ビニール袋の使用法

ビニール袋の使用法 ビニール袋は便利で意外な使用法があります。
外にお出かけをした時に、離乳食の始まった赤ちゃんに食べさせるのに、専用のスプーンとフォークを使うこともありますが、ビニール袋に白ご飯を直接入れ(シラスなど混ぜても)、細長いおにぎりにして食べさせると、清潔な上にママの手も汚れず、場合によっては赤ちゃんが自分でつかみ食べもでき、後片付けもいりません。
また、ビニール袋を利用した料理もあります。
袋に材料と調味料を入れ、鍋に水と共に温めます。
肉じゃが、大根の煮物等々柔らか味もしみておいしく出来上がります。
この調理の利点は、鍋に入れた水がきれいなままなので、何度も使用できることです。
非常時の調理法として頭の隅に入れておいて損はありません。
ビニール袋は、直接触りたくないトイレ掃除にも活躍させられます。
ゴム手袋をはめ、その上に袋をかぶせて、除菌ペーパーを持った手で、直接トイレ淵などの頑固な汚れを退治します。
きれいになった後は、袋を裏返しにしておしまいです。

ビニール袋の主な活用法

ビニール袋の主な活用法 ビニール袋やレジ袋などは、いろいろな用途に使えて大変便利なものです。
袋にはいろいろな活用法がありますが、物を小分けにする時や、野菜や肉などの食品を保存する際に利用している方も多いのではないでしょうか。
料理を作る時に利用する方も多いと思います。
耐熱性のビニール袋を使って、ハムや豚の角煮、オムレツなども作れ、調味料が浸透しやすくなりジューシーに仕上がる、ヘルシーに調理できるなどのメリットがあります。
それから、ナッツなどを袋に入れて袋の上からたたくと、まな板などを汚さずに済みますし、トンカツなどの衣をつける時にも大変重宝します。
洗い物が少なくなるので、エコにもつながります。
また、自転車のサドルにビニール袋を被せておくと、急に雨が降ってきた時にサドルが濡れずに済むので大変便利です。
お風呂の床にこびりついた湯あかを落とす時にも、スポンジ代わりに使えます。
ビニール袋で円を描くように磨くと、洗剤の効果を充分に引き出してくれます。
このように、いろいろな場面で活用できるので、生活には欠かせないものではないでしょうか。