<<ビニール袋について学ぶ>>

ビニール袋の賢い使い方

ビニール袋の賢い使い方 ビニール袋を料理するときに小さ目のサイズのものを使用すると大変便利です。
ボールの代用にすると洗いものが少なく済み後片付けも楽です。
例えば、レタスとドレッシングを和える時、ボールで作業すると均一に混ざりにくかったりします。
しかし、ビニール袋に空気を含ませてレタスとドレッシングを入れ、口を押さえて何回か振るだけでレタスにドレッシングがまんべんなく絡みます。
器に移すときも箸など使用しなくても袋を返すだけで簡単に取りだせます。
また、小麦粉を食材にまぶすときなどにも上手に出来ます。
粉の飛び散りも防げ使用後はビニール袋を丸めて捨てるだけです。
その他にも、浅漬けを作るときなどに便利です。
空気を抜いて使用できますので少ない漬け汁で美味しい漬物ができます。
このようにボールの代わりに使用することで混ぜる、まぶすといった面倒な工程を楽に出来ます。
使用後の後始末も簡単に早く出来ますのでビニール袋を調理器具の一つとして利用することは賢い使い方と言えます。

雨の日に大活躍なビニール袋の特徴!

雨の日に大活躍なビニール袋の特徴! ビニール袋はスーパーやコンビニの買い物でもらう機会が多いため、家の中で余っているという方も珍しくありません。
コストは極めて低いですが、その頑丈さや軽量感、容量などは非常に優れています。
そのため、物を入れる以外の用途でも使用することが出来ます。
自転車に乗っている時に雨が降っているとカゴの中がビショビショになってしまいます。
そこでビニール袋で荷物を覆うことで簡単に防水を施すことが出来ます。
雨の日に携帯しておくことはもちろん、普段からカバンのポケットに入れておけばいつ雨が降っても安心です。
他にも換気扇のプロペラなどをつけ置きする際にビニール袋を使用することが可能です。
雨の日に傘をさしていても袖が濡れてしまう場合には、袖にビニール袋を巻きつけることで防水を簡単に行うことが出来ます。
どうしても濡れてしまうところにピンポイントで使用できるのがポイントであり、何かと使い勝手が良いので持っておくと便利です。