<<ビニール袋について学ぶ>>

ビニール袋の問題

ビニール袋の問題 スーパーやコンビニで買い物をした時にビニール袋をもらったりすることがあると思いますが、これが様々な環境問題を引き起こしています。
ビニール袋は原油から作られており、自然の中では分解しないので、一旦旦土や水の中に入ってしまえば、取り出さない限りずっとそのまま残っています。
また、動物や魚等が誤飲することで死亡する等の問題も引き起こしています。
これらの問題を少しでも解決するため、有料にすることでエコバッグ等の使用を奨励し、使用する数を減らすということが行われています。また、自然分解されるビニール袋も販売されているので、これを使うことで環境汚染を減らすということも行われています。
これらは原油ではなく、とうもろこしやサトウキビのでんぷんから作られており、土や海、川の中に入っても自然分解されるので環境汚染することがありません。
環境を考える時に使わないということも必要ですが、大丈夫なものを使うことも重要です。

ビニール袋の有害物質

ビニール袋の有害物質 ビニール袋と言えば、一昔前まで燃やすとダイオキシンをはじめとする有害物質が発生するということで問題になっていました。
しかし、現在のレジ袋はポリエチレンで作られており、燃やしても水と二酸化炭素が出るだけで、コンビニエンスストアなどのレジ袋にも、この袋は燃やしても有害なガスは発生しない、という旨の印刷が施されています。
ところが、もしポリエチレンが不完全燃焼だった場合、発癌性物質であるベンゼンを発生させてしまいます。
さらに、ただの白いレジ袋ではなく、絵や柄がついているレジ袋では、有害重金属である鉛が含まれているものもあります。
そのため、燃やしても大丈夫というわけではありません。
以上のようなことから考えて、すべてのビニール袋が人体に対して安全であるとは言えません。レジ袋については、簡単に捨ててしまうと、健康面や環境面に対する有害な物質を発生させてしまいますので、買い物で使うレジ袋などを取り扱う際には十分な注意が必要です。