<<ビニール袋について学ぶ>>

ポリ袋とビニール袋の違いとは

ポリ袋とビニール袋の違いとは ポリ袋とは、ポリエチレンまたはポリプロピレン製の袋のことです。
透明性や耐久性に優れており、食品の包装やレジ袋、ゴミ袋など用途が幅広く使われています。
ビニール袋とは、塩化ビニル樹脂製の袋のことです。
また、ポりプロピレンなどの塩化ビニル樹脂以外の合成樹脂で作られたものも 含め、耐久性のある袋全般に指すこともあります。
一般的にビニール袋という言葉を、食品を包装している袋やレジ袋などに使っていますが 正確に言えば、ビニール袋といえばこども用のプールバックの材質になるのです。
なので、包装材として身の回りで見かけることはほとんどなく一般的にビニール袋と呼ばれているものは ポリ袋と呼ぶのが正しいのです。
たとえば、食品を包装している袋やレジ袋などはポリ袋と呼ぶのがただしい呼び方です。
なぜ、そのような呼び名になっているのかは日本では塩化ビニル樹脂の方の歴史が古いので そのまま使われ続け一般化してしまっているようです。

ビニール袋とダイオキシンの関係とは

ビニール袋とダイオキシンの関係とは ビニール袋を燃やす事は、健康と環境に対して多大なる悪影響を及ぼすという事は多くの方々に認知されているのですが、具体的な仕組みについて理解している方は多くないというのが実情です。
そもそも、ビニール袋を燃やすべきではないと認識されているのは、燃やすことによりダイオキシンと呼ばれる強い発がん性物質が放たれることが関係しています。
非常に身近な物が猛毒を発生させるという危険性があるという事から、これまでの研究において最も時間がかけられて調査されているほどです。
実は、構成している化合物は炭素をはじめ酸素や水素、塩素なので取り分けて特別なものは存在していないのです。
ところが、結合の様子が少々変わってしまうだけで、猛烈な毒性を有してしまうことから厄介な存在になっているわけです。
しかも、脂肪組織に直接溶け込む性質がある上に、少量で人体のシステムを狂わせてしまうので大変恐ろしいです。
こうした点から近年ではビニール袋の成分が見直され、ダイオキシンが生じないように対策されていますが、やはり念には念を入れて焼却しない方が無難です。